目次や広告を入れてください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転落への第一歩か(シェリル・クロウ “ディトアーズ”

彼女のベスト以外のアルバムを聞くのは

初めてである。シェリル・クロウというと

ヒットメーカーという印象が強いのだが、

本作はまるでベイシックトラックを聞いているようだ。

ライナーノーツによると前作もかなり内省的な

出来だったようで、それは彼女の環境変化も

大きく影響しているそうで、(婚約破棄、乳がん闘病)

今後この調子だとメインストリームから置いてきぼりを

くらいそうな気がする。2作目から前作までずっと

セルフ・プロデュースだったが本作ではファースト以来の

ビル・ボットレルが担当している。しかしポップ性は皆無だ。

次作はコマーシャルな作風を期待したい。

しかし最近欧米の売れっ子プロデューサーって

誰なのだろう?ベイビーフェイス以降

わからない。昔みたいに音楽番組も

見なくなったし、『ロッキン・オン』や

『プレイヤーマガジン』とか読まなくなったしなー

080214_013151_M.jpg






byysys/span>

画像をどこで撮ったのか?
by: sonemamia | 2008/02/14 12:12 | URL 編集 | UP↑







 (お持ちのサイトがありましたらご記入ください)






管理者にだけ表示を許可する


| .Home |
↑Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。