目次や広告を入れてください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FSの爪痕、松田 優作、THE BAND

たまたま八王子に行く用事があり

ふらっと、こんなところに八王子


美容室になってましたよ。ここには、雨の日も風の日も

早朝、深夜問わず、よく出向きました。

でも結構、充実していたなー

八王子は

切って切れない場所であります。

高校も八王子、初めて一人暮らししたのも

八王子、そしてカミさんの実家も

これからも何か絡むのかなー

この町のよいところは、後退しても進歩

していないところです。まったりしてるんですよね。

まったりしていると言えば、今、聞いている

THE BANDの「ROCK OF AGES」

これライブ盤なんだけど、力が抜けていて

非常に心地よく聞ける。今日みたいな

天気にぴったりだ。ロビー・ロバートソンは1音、1音

丁寧に弾く人だなーと思う。

2枚目にボブ・ディランとのジョイントがあるんだけど
(元々、BANDはディランのバックバンドであった)

非常によいのですよ、ディランがROCKしているのです。

八王子の帰りの電車で読む本がなかったため、

くまざわで書評を見て、かねてから読みたかった

松田 美智子の「越境者、松田 優作」を購入し

つい先ほど、読み終えた。

著者は松田 優作の前妻で彼の出生から

その死まで、取り巻く人々の念いりな

取材から(ノンフィクションライターとしても著名)

詳細に記述されているが、唯一残念だったのは

熊谷 美由紀夫人とその周辺の人たちの

取材がほとんどなかったことだ。

やはり、溝は深いんですかね。

生きていたら彼は59歳です。

どんな、役者になってたんだろう。

もっと、ハリウッドで活躍して欲しかった。

(ROCK OF AGES 87位/EMI、
越境者 松田 優作 松田 美智子著 新潮社刊 \1,600(税別) 
★★★★ ファン若しくは人間好きなら絶対読むべし)







 (お持ちのサイトがありましたらご記入ください)






管理者にだけ表示を許可する


| .Home |
↑Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。