目次や広告を入れてください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からっぽの世界

サブプライムローンに端を発して

今日のNYの株安で、いよいよ世界恐慌が

押し迫っているのか。

バブルがはじけて、からっぽになってしまった。

なんかこんな御時世に

ジャックスの曲のタイトルが

やけにリアルだ

“時計をとめて”とか

“どこへ”とか そして

“からっぽの世界”だ

フルートの音色がおどろおどろしい

しかしこれもROCKなのだ。
(世代的にGSっぽいが)

ジャックスに触れたのは

はたちの頃、当時よく聴いていた

渋谷 陽一(僕はこの人にあこがれ、同じように明学に入りそしてドロップアウトした)の

「サウンド・ストリート」(月曜佐野元春、火曜坂本龍一、水曜甲斐よしひろ、木曜山下達郎、
金曜渋谷 陽一というラインアップだった気がする)で

最初、これってROCKかと思ったが サウンドよりも

リーダーの早川 義男(今でも古本屋さんを営んでいるのだろうか)の

歌詞を高く評価していたことから、なるほどという感じであった。

40年たった今、聞いてみればフォーク、パンク、サイケ、ブルース、

ヘビーロックと様々なアプローチをしている。むしろ2008年には

非常に新しい感じである。

それにしても・・・

明日は一体何が起こるのだろう?
(ジャックスの世界/EMI 68年作品)
スポンサーサイト

日本語をロックにのせるということ(はっぴいえんど 風街ろまん)

最近は言われなくなったのか

日本語をいかにROCKにのせるということ

欧米から産まれたビートに日本語を

心地よくのせるということが

かなりの期間、命題となり且つ論争の基となった。

はっぴいえんどはブリティッシュというよりか

アメリカのフォークロックを全編日本語で
(横文字なし)

独特の世界観を醸し出していた。

ただ、松本 隆の詩の~です。という語尾は

ROCK小僧というよりやはり“微熱少年”といった感じだ。

その後の彼らの活躍を見れば、

スーパーグループともいえる。

大瀧 詠一にはナイアガラの影は何ひとつない。

発表後、年を経るごとに評価が上がるバンドである。
(71年作品/エイベックス)

| .Home |
↑Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。