目次や広告を入れてください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にロックやでー

何日かぶり いや何ヶ月ぶりに

CD買った。フリクションの「軋轢」

プロデュースはあの坂本 龍一

サウンドは当時のいわゆるニューウェイブサウンド

ただ、洋楽と圧倒的に違うのは

ボーカルが下手だということ。

歌詞は全てローマ字表記である。

何言ってんだがわからない。

しかし、サウンドは4半世紀経った今でも

充分通用する。日本のロックって

こういうの多いなー

みなさんはいろんな場面で

さまざまな軋轢を生じては

いませんか?

スポンサーサイト

| .Home |
↑Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。