目次や広告を入れてください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェバー、間接照明、SEX

2日間お休みしてしまいました。

      ↑

このフレーズ穂花のブログで彼女は律儀なのか

かならず、ブログに日をあけてしまったら

このフレーズが冒頭の書き出しになります。

結構、ビデオとの絡みとのGAPが

激しすぎて、つい読み込んでしまう今日このころです。

さて穂花の激しい、腰の動きにはついていけないですが

この、ドナルド・フェイゲンの“THE NIGHTFLY”に

あわせて腰を振れば、よい感じでお互いイケるのではないでしょうか

まあーこの作品が発表されたのが1982年。

ちょうど、カフェバーなんっつうのが巷に台頭してきて

音楽一つ聞くのにも、環境が大切なみたいな

また、このアルバムを聴くときに、間接照明のある部屋で

カクテルグラスを傾けながら、女の腰に手を廻すという

シチエーションが合うんだよね

みなさんも是非、部屋を暗くしながら聴いてみてください。

彼女がいる人はSEXのおともに

彼女がいない人は穂花のビデオをみながら

当時、MTVが始まったころで、

このアルバムからの第一弾シングル

“NEW FRONTIER”のプロモーション・ビデオは

50年代のカップルが核シェルターの中でデートするといった、

凝ったつくりで

ライナーノーツをみてみても

50年代後半から60年代初めにかけて、アメリカ北東部にある

郊外で育った若者達のファンタジーをモチーフにしているという。

とにかく、アレンジがおしゃれで

どんなジェネレーションにもマッチする作品なので

聞いてみてほしい。
(63位/ワーナー)

スポンサーサイト

進化するオヤジ

いやーお姉さんの顔が

拝めましたねーどこのだれなんでしょう?

一度お会いしたいものです。

さて所謂3大ギタリスト(ペイジ・クラプトン・ベック)の中で

ベックのギターサウンドは変容続け、作品毎に

進化している気がしている。本作、“WIRED”も

前作同様、ジョージ・マーティンプロデュースのもと

フュージョン系の雰囲気に仕上げている。

バックはジャズ系の人が多いがベックのギターだけは

ROCKしているのだ、この人のトリルは実に軽快で
(Charとかかなり影響を受けてんじゃないかな)

ヤン・ハマーとのシンセと絡む、

“Blue Wind”はヤンとのガチンコ勝負といった感じだ

この後でる“LIVE WIRED”でもこの曲を

1発目にぶちかましているので併せて聞いてほしい。

裏ジャケのレスポールを弾いている姿もギターヒーローと

言った感じだ。その後、大プロデューサーとなる

ナラダ・マイケル・ウォルデンがドラムスで参加している。

確か、ベックってこの当時はどうかわからないが

指でピッキングしてるんだよね

最近新作が出ていないし、誰かのセッションに参加したという

情報も聞かないが、次回はどんな音をぶつけるのだろう
(63位/ソニー)


超ド級!!

また、デザインも変更されて

また、前パターンとは違う意味でソソル娘ですね。

顔見てーっていう感じ。

グッド・ウィルも自主廃業し(5年前に誰が想像した?)

セブン24時間両替を実施するなんて

超ド級にびっくりなことが多い今日このごろ

この、AC/DCも正に、超ド級のハード・ロックを展開する。

もうこれはROCKを越え格闘技で味わうことができるカタルシスと同じである。

さすが、マッド・マックスを産んだ国から来た人達である。

じわじわ来るラウドさ

アンガス・ヤングのヘッド・バッキング

ブライアン・ジョンソンの超ハイトーンボイス

マキシマム ROCK’N ROLLである。

さてCSで久々にWRCを見たが新型インプレッサ

SX4の日本勢は苦戦してますね

シトロエンなんて市販車は全然速くないのに

WRCでは何であんなにダントツで速いのだろう

セバスチャン・ローブがドライブしてるからか?

それにしても、もしAC/DC聞きながら運転したら非常に危険だな

又、木場のコーナーでスピンしてしまうかもしれない。

とにもかくにも

誰でも1度は聞いたことのある“BACK IN BLACK”のリフ

POPチューン、“YOU SHOOK ME ALL NIGHT LONG”

ユンケル・ファンティー並に元気になる渾身の1作だ

(80年作品/65位 ソニー)





ローリング・ストーンズは単なるグループではない生き方そのものだ!!

表題のコピーは

ストーンズのアメリカデビューアルバム

“ENGLAND’S NEWEST HIT MAKERS”

の裏ジャケに掲載されている当時のマネージャー

アンドリュー・オールダムが寄せたコピーである。

やっぱり、向こうのジャーマネって一味違いますね

どっちかつうっとプロデューサーっぽいもんな

日本みたいに、スケジュール切って、身の回りの面倒みてみたいな

そんな匂いはしない。

このアルバム、以前にご紹介したビートルズのデビュー盤とは

当然、趣きが違い、オリジナルは2曲、

ほとんどがR&Bのカバーで占められている。

POPな感じというより、カバーの選曲の良さが

にじみ出ている。また、歌詞も甘く、切ないというよりは

ただ女とひたすらやりたいだけという(NOT A FADE A WAYや

I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU)

ストレートなものが多い。

“YOU CAN MAKE IT IF YOU TRY”の

ミックは声はまだ少年ぽさが残るが、

実にソウルフルに歌い上げている。

60歳を超えた今、どんな感じでこの曲を解釈するのか

実に聴いてみたくなる。

(66位/ユニバーサル)

いざキャバクラへ!!

オヤジの妄想紙芝居

趣味はキャバクラ オ ヤ  ジ

それHIT&RUN HIT&RUN

キャバクラのトイレで糞をする。

depps.jpg


キャストのお姉さんはタメになったねー

tume2.jpg


タメになったよー

tume1.jpg

デビュー

PLEASE PLEASE ME

THE BEATLESの記念すべきデビューアルバムである。

オリジナル8曲、カバー6曲で構成されていて

まあーこのカバーがキャロル・キングやバカラック等

非常に彼らの選曲のセンスの良さが

窺える。

ジョン、ポール、ジョージの3声ハーモニーも

息がぴったりで正に死ぬ直前にジョンが語っていたように

「この時点でビートルズはライブバンドとしてプロフェッショナルだった」

というのも納得できる。レコーディングは1日、

ほぼ1発録り。ハンブルクから抱いていた野心が

隋所に伝わってくる。

ジャケ写はロンドン EMI本社の吹き抜けで撮影されたもので

後にあの幻のアルバム“GET BACK”で

同じデザインで撮影されている。
(原点に帰るという意味で)

交流戦はソフトバンクの優勝で終わり

F1はフェラーリとその他チームという形で終わり
(トゥルーリはナイスファイトだった)

サッカーはバーレーンに勝利した。

一息つけばもう今年も折り返しだ

(66位/EMI 1963年作品)

やさしい 涼しい

ジメジメした今日1日。

明日も雨ということで、雨が降れば、

当然、傘を持たなければいけないわけで

そうすると、電車の長旅で
(ちなみに今日浜田山~南大沢~下井草)

唯一の楽しみ、読書ができない。

疲れだけをかかえて、家に帰り、

メシを食って、やっと一息つき

クーラーにスイッチをいれ

このジェイムス・テイラーを聴くと

癒されます。

この人の歌声は実にやさしい。

この甘さが今はもう別れてしまったけれども

カーリー・サイモンの心を射止めたのかな

こういう季節にアコースティックの響きは

良いですね。

今日は驚いたことが2つ、

南大沢に行ったときに、噂では何となく

認識していたが

かつて自分が出店に関わったお店がまた1つ

minami.jpg


消滅したこと。このお店には忘れられないことが

あって、当時の開発部のN GMに売れないと言われ

いつものようにブチッっときれてしまい、

社有車のランサーで町田街道を走行中に

大げんかをしてしまったんです。

ばんば ひろふみの「SACHIKO」じゃないけど

今、開いている店数えたら、片手でも余るが

閉めた店数えたら、両手でも足りないといった

感じです。

そしてもう一つは次の訪問先の

井荻を降りて、新青梅街道沿いを

トボトボと歩いていたら、おなかが減ったので

目についた和食屋さんへ入ったら

これが大ヒット(太刀魚の塩焼きを食ったんだが)

魚よし、おひつに入ったボリューム満点の白飯よし

漬物、味噌汁もよし、接客もよし

値段(1,000円)もリーゾナブルで

非常にお得な気分になりました。

shi-me.jpg


ぜひ、夜も訪れたい。

(sweet baby james /ワーナー 68位 1970年作品)

老化現象

今日健診で久々に体重を

測ったら、何と、去年の夏より8kgもやせた。

そして、ウェストは10センチも細くなった。

何もしてないのに、結婚したときと同じ

68kgに しかし

おなかはへこんでいない。

視力は落ち、何や老眼の兆候が

先日も3,886円のクリーニングを

3,866円でレジ打ちをしてしまった。

現金在高-20円

自分でうめた。

オヤツはこれだ!!

以前は肥満が増大するので

朝食をコーヒー1杯のみにしていたが

それだと空腹=キレやすくなってしまうので

最近はちゃんと食べるようにしている。

そこで、復活させたのはこの組み合わせ

oyatu.jpg
パルマのマスカルポーネクリームチーズと成城石井の

フルーツジャムブルーベリー

これをねトーストにね

べちょっと塗りたくって食うと

ほんと美味

ブラックコーヒーとの相性もいい

いろいろなジャムとクリームチーズは試したが

上記2社がグーですね

みなさんもぜひお試しあれ

ちなみに明日はメタボ健診です。

リハビリオヤジ

永年の肉体労働が

積み重なったせいか、ここ2年ばかり

突っ立っていると

背中が耐えれない程、痛くなり

もう、マッサージやハリでは凌げない状態になったので、

先日整形外科へ行き、

レントゲンを撮ってもらったら

腰椎椎間関節可動性低下

仙腸関節可動性低下

両股関節内運動低下

腰仙移行部可動性低下

腹・背筋協調性低下っつうことで

要するに腰がボロボロだということだそうです。

そこで、今週から、ご老人方と一緒に

リハビリに行くことになりました。

そして日常もコルセットを巻くことに

かゆいんだよね この時期、むれて

まずは腰から、その次は首だそうです。

長くなりそうだなートホホ

りは
↑これが私のリハビリテーション実施計画書

「くやしいです!!」

僕らのヒーロー

タイガーやりましたね

病みあがりですごい!!しかもプレーオフは19ホール闘っての勝利、

もう超人、劇画の域ですね

何十年後かにジーン・サラゼンや

ウォルターヘーゲンのように

伝説として僕らも語れるのでしょうね

それにしても今回のサンディエゴのコース

ロングなんて613YARD

俺なんかホールアウトするのに30回くらい打ちそうだよ

コースは美しいんですけどね

日本勢では今田、彼はUSPGAのプレイヤーとして

確立されている。

「僕は日本でがんばります」と言い残して

すごすごと帰っていった片山 晋吾とはものが違う。

もう谷口を含め

負けて「やっぱり難しい」とか

「ティーショットの距離が出ないと」とか

言ってるんだったら

わざわざアメリカくんだりまで行かなきゃよいのだ

でもそんな俺もわざわざ鶴ケ島くんだりまで

行く資格もないか

熱い週末

いやー体に答えますなー

この暑さ!!前みたいにクルマで外回りしてないから

ほんと、きついよ 炭酸飲料にかなり依存している

日中です。

さて、昨日、仕事で豊田にいったら

かつてエーピーエンタ候補物件として

紹介された場所が見事

katute.jpg


サンクスになっておりやした。トホホ

目がくさってたんだね僕。

そして今日は行ってきましたよ

朝、6時起床で

じゃーん

asa.jpg


ホスピタリティの殿堂コケシ

東京ディズニーランドへ

大分、キャスト達に初演の気持ちは

なかったけれど、まあうちのせがれも

jyunia.jpg
こんな状態から

batann.jpg

こんな状態になるまで、充分楽しんできました。

ちなみに今日トライしたアトラクションは

ビッグ・サンダー・マウンテン

蒸気船マークトウェイン号

プーさんのハニーハント

ガジェットのゴーゴーコースター

スタージェット

グランドサーキットレースウェイ(3回)

ウエスタンランド・シューティングギャラリーです。

それにしてもディズニーランドって入園料から

駐車場代からメシからおみやげからで

結構金落としちゃいますよね全国のお父様方



最後にそんな中、アトラクションに並んでいる最中

どっかの人が安否確認をしている電話で

岩手・宮城の地震を知った。

幸いにもうちの営業所、従業員は無事だったが

明日以降、様々な人やモノにどんな

影響が生じるのか懸念される。

TEAM am/pmを脱会して

うちにお中元の申込書がきました。

あーあの半期毎にやってくる苦痛から解放されると思うと

会社やめておつりがきます。
(大体副部長なんて何の決済権もなかったのに
こういう時だけ部長とおんなしノルマ
結構根に持ってんかんなー)

嫁も大喜び。

さてパンフを一応見てみますと、

何かまたアイテム減ってません?

カタログ薄いよねusui.jpg


ナプキンじゃないんだから頼むよ全く

こういうのがエリマネ会議で素通りしてるんだろうな

吠えたところでオヤジの遠吠えだしね

日経MJに小さく掲載されていたeshopでも

のぞいてみますか

なぬ!!紙と変わんねーじゃねーかー

長谷川 穂積みたいにもうパンチパンチだ

弾きまくってる奴

このジョン・メイオールのバンドに参加していた頃の

クラプトンのギターを聴いていると

やたら弾きまくっている陰気な奴という印象が強い。

よくいるでしょうスタジオで

1曲通しで演奏した後に

チューニングした後に

勝手に関係ないフレーズを弾きまくる

ギタリストって

そんな感じです。

構成は

ブルースのカバーがほとんどで

クラプトンも1曲ボーカルを取っている。

しかし66年作品ではあるが

非常に音がクリアーである。

ここからクリームまでの時期が

テクニック的には最盛期かもしれない。

さっきまでTVで“グータン・ヌーボ”で

古閑美保と優香と片瀬奈那が出てましたが

ゴルフ界では美人であっても

芸能人に囲まれると単なる・・で・・ですなー

今、彼女は恋をして絶好調であるが

失恋したらどうなるのだろう

入れあげ度はかなりのものだ

ちなみに最近僕はいい女の人を見ても

どうせ・・・だしなーとか

あーいやらしい(ボディじゃないよ心よ)

とか思ってしまうのですよ。

ほんと周囲が熟女ばかりで(おっかさん系)

SPAにでていた中野駅北口の某店に

心躍る今日この頃です。

(1966年作品/69位 ユニバーサル)

シャウターになろう

悩んでる民よ

叫ぼうと言いたい!!

どこでもよい。面と向かっても

トイレの中でも、ビデオ鑑賞室の中でも

○んこでイキそうな時でも

カラオケBOXの中でも、

給与1/3カットされた役員の前でも

ガールズバーのおねーちゃんの前でも

ROCKを聴きながらでも

しかし・・・

かつては社会の不満や不安を

ROCKを聴きながら浄化させてたのに

機能してないのですね

ヤバババイ ヤバババイ ヤバババイ ヤバババイアイアイ 

でもね

喜怒哀楽のバランスを考えましょう

まずは悩んでる民よリトル・リチャードと世界のナベアツの

面でも見比べてくれ

最後に音楽的に言うと、この唱方はその後

数多くのROCK’ROLLERに影響を与えた。

(HERE’S LITTLE RICHARD 70位/HALLMARK

オランダからの輸入盤 何とプライス882円税込)

丘の上のバカ

ひどい、あまりにもひどすぎる

もう人間の予知をはるかに超えている。

俺も、キレやすいオヤジだが

見ず知らずの他人を殺傷したりはしない

こんなじゃ今後歩行者天国を歩いていても

常に周囲を窺ってなきゃいけない。

痛みが麻痺しているのか

他に昇華できなかったのか

誰も相談できる奴はいなかったのか

こわい、本当にこわい

最近常人面した奴が本当に恐ろしいことを

しでかす。

(1967年作品/EMI 70位 マジカルミステリーツアーを紹介したかったが・・・)

ニュージャージーのアニキ

世の中にはアニキと言われる人が多く存在する。

金本 知憲、傷だらけの天使のオサム、哀川 翔

昨日、五輪行きを決めたバレーボールの

植田監督等々

そしてニュージャージーのアニキといえば、

ブルース・スプリグスティーン。BIGになっても

ネルシャツにGパン。ワキガが匂ってきそうで

いつも力んでいる感じ。

この“THE RIVER”は2枚組となっているが

ストレートなR&R満載

アメリカ臭プンプンである。

クラレンス・クレモンズのサックスも全開だ

佐野元春が“サムディ”のイントロでパクった

“HUNGRY HEART”も収録されている。

本件といい、“ヤング ブラッツ”でも

スタイル・カウンシルの“SHOUT TO THE TOP”の

イントロをパクったのは何か特別な意味があるのだろうか?

僕が知るところではそこを突っ込んでる音楽ライターは

いなかったように思えるが・・・

スプリングスティーンってアルバム制作の際は

曲を書きまくるらしい、300曲くらいかいて

290曲ボツみたいな。

かつてのロックンローラーの代名詞である

クスリとか退廃とかは彼には感じない。

確か、国立代々木競技場で初めて

ROCKコンサートをやったのも85年の

彼の初来日公演じゃなかったかな

あれから23年か

あっつう間だな

(1980年作品/ソニー 72位)


THE SLIDER(T.REX)

リンゴ・スターが撮ったジャケ写が有名な

本作はT.REX名義での3作目めであり、相変らずボランの

POPチューンが炸裂している。

プロデューサーはトニー・ヴィスコンティ。

この人のストリングスのアレンジも素晴らしく

歪んだボランのギターに実によく絡む。

歌詞も正に、これぞ、ROCKの歌詞といった感じで

メッセージ性は薄いがつまらない邦題を

つけていないのもうなずける。

ジミーペイジやキース・リチャーズのリフも

素晴らしいがボランも彼らと比べても

遜色がない。

ところで

スライダーといえば、最近のピッチャーは

ほとんど投げることができ、逆に昔のドロップを

投げるピッチャーが非常に少ない気がする。

その上、カットボールなんちゅうのが出てきて

この3種の違いもわかりずらくなってきたものだ。

まあ、スライダーを覚えるとカーブの切れは

悪くなりますよね。かつて堀内 恒夫も

そうだった。カット・ボールも日本のピッチャーは

なんちゃってカットだよね

マリアノ リベラみたいなのがやっぱ本物でしょ 

ちなみにスライダーの投げ方は

ストレートの握りでボールをリリースする瞬間に

小指をキュッと締める感じで放る。

これは、桑田 真澄のピッチングバイブルを

参考にしました。全国の草野球の神様達、

是非、おためしあれ
(1972年作品/インペリアル 73位)

ボノは平和大使?

U2はこの「JOSHUA TREE」で

アイルランドのニューウェイブバンドから、世界的なビッグネームになった。

それにしても、エッジのギターの音色って非常に個性的で

誰にも真似できないと思う。どういうエフェクトでこんな音が

出るのだろう。誰か謎解きをしてください。

ギターマガジンのバックナンバーとか見れば

わかるかなー

2曲目の「I STILL HAVE’T FOUND WHAT I’M LOOKING FOR

を聴くと、ロンドンのROCK GARDENでこの曲に併せて華麗に

踊っていた地元のお姉さんを思い出す。実に美しかった。

センスふっている馬鹿女とは、やっぱ欧米は違うなーと思った。

ブライアン・イーノ プロデュース、スティーブ・リリーホワイト MIX

というかなりいにしえ感漂うアルバムである。

昨日、本ブログの書き込みの後、参考までに

上地のブログを観たが、やたら絵文字が多かった。

行間も長いし、正直、どこがそんなに面白いのか

わからなかった。頂いたコメントでプライベートと

近況を記せば、UPすると指摘されたが

んー絶えず眠いといった感じですが・・・

(74位/1987年作品 74位)

上には上が

上地のブログ、トータルアクセス数

1,375万人だって、そして23万人/日

ギネス認定だってすげーなー

観たことないけど、そんなに

おもしろいの?研究しなきゃ

正に、「何が起こっているんだ」

というわけで、今日紹介する1枚は

マーヴィン・ゲイのWHAT’S GOIN ON

このアルバム、所謂レコードでいう

A面はずっと同じリズムで構成されていて

メドレーのように曲が続いていく。

又、歌詞の内容も当時のベトナム戦争から

インスパイアされたものだ。

リリースされてから35年以上も

経過しているのに状況は何も変わっちゃいない。

WAR IS NOT THE ANSWERなのにね
(1971年作品/ユニバーサル 74位)



エレピの心地良さ(DONNY HATHAWAY LIVE)

ダニー・ハサウェイ、今回恥ずかしながら

このソウル界のグレート・パフォーマーを聴くことができた。

この人、33歳にして投身自殺してしまうのだが

本作はその6年前にLAとNYでのライブを収めたものである。

2曲目の“THE GHETTO”という曲はエレピを

弾きまくっているのだが、非常に心地良い。

ヴォーカルも極力エフェクトを抑えて、

シャウターというよりはむしろソフトな

歌声だ マービン・ゲイ、キャロル・キング(YOU’VE GOT FRIENDを

オーディエンスと合唱するところは圧巻だ)

、ジョン・レノンなんかの

カバーもやっている。

それにしても今日は眠いな

雨が降ると、電車ん中で本も読めないし

梅雨はいやだ 傘も忘れちゃうし

カミさんがAP BANK フェスのチケットを取ったが

行けるかなー行けねーだろうな
(1971年作品/ワーナー 74位)

すばらしい脇役達

ローリング・ストーンズといえば

ジャガー&リチャーズがフロントで4半世紀以上

トップバンドとして君臨しているわけだが

どっこい、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツの

リズムセクションと初期リーダーの

ブライアン・ジョーンズ、60年末から70年代初期の

ミック・テイラー、そして本作、「BLACK AND BLUE」より

正式メンバーとなったロン・ウッドという素晴らしい脇役達が

支えているのである。本作は、ストレートなR&R、

レゲエ(3曲目 CHERRY  OH BABY)

そしてちょいとジャージーな6曲目の「MERODY」、

ストリングスのアレンジが素晴らしいバラード

「FOOL TO CRY」

全体的にチャーリーワッツのスネアが

非常にクリアだ

チューニングといい

独特のタメというかノリが

ストーンズサウンドの要となっている。

ビル・ワイマンとチャーリー・ワッツは

みなさんもご承知の通り、ライブでは派手な

パフォーマンスはないけれどなくてはならない

職人だ(残念ながらビルワイマンは脱退してしまったが)

残念といえば、名ドラマーのウガンダ・トラさんが

亡くなった。クレイジー・キャッツやザ・ドリフターズが

父親世代だが、ビジー・フォーは正に

俺の中で、最強のコミックバンドだ

(74位 1976年作品/EMI)

I’m only sleeping

今、昔でいう新店立ち上げ中で

陳列から、シフト作成から何から全部、自分でやらねばならぬので、

疲労困憊しており、昨日は

22時30分に爆睡してしまいました。

やっぱり人間はリズムというのが大事で

いつも6時20分に起きているのが

1時間早くなるだけで、日中眠い眠い

早く慣れなければ

今、TVでバレーボール男子の五輪最終予選を

やっているが、植田監督、

もうちょっとジッとしてろよ

1セット取った時のリアクションが

まるで金メダルを取ったようだ

ノムさんを見習いなさい。

俺はSAPPOROを500mlと

「限定 大吟醸 牧之」飲んで

すっかりいい気持ちになってしまったので

寝室へフライング・レシーブします。


| .Home |
↑Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。